和食・うどん・そば
季泉

波佐見温泉センターの向かいに落ち着いた佇まいのお店があります。

オープンして5年目(2005年現在)と言う「季泉」です。

暖簾を潜ると中は高い天井に温もりを感じる木の空間。

寒い北風に吹かれてから入ったここはとても居心地が良い。

カウンターに座ってざっとメニューに目を通して角煮うどんを

注文しました。

角煮うどん780円 2009年現在750円

うわっ!角煮がたっぷり!!美味しそう!!

まずは慌てずに汁を頂きます。

濃いそして深い味わいです。

北海道産の昆布、枕崎産のカツオ節、平戸産の焼アゴ、

橘湾の芝エビ、長崎産のいわし節、牛深産のサバ節と

厳選された醤油を使ったと言う拘りの和風だしです!!

麺も熟成手打ち麺で天然塩と石木の天然水を使い

圧力めん釜で茹でられたうどん麺で腰があって美味しい!

そして

思わず頬が緩むこの大きな角煮!!

味もご主人が長崎で10年修行して料亭とホテル等の

角煮の良いトコ取りしたと言われる自慢の一品!

さっぱり過ぎず油っ濃い事無く旨味が凝縮された美味さ。

角煮を食べて汁も飲んでも汁は全く負けていません。

凄く調和のとれた美味しい角煮うどんを大満足で完食。

外で冷えた身も心もホカホカになりました!!







カツカレー丼 720円



手頃なサイズの丼のご飯の上には薄いけどビッシリと

カツが敷き詰められています!

揚げたてアツアツで慌てて食べると火傷するところでしたw

カレーは円やかな感じで辛さは甘口と中辛の半分位かな?!

何かちょっと違うなぁ〜っと思ったらチーズが入ってました♪

ワカメの入ったお吸い物が付いてますが、これが出汁が

効いてて美味しくカレーにも負けていません。

キュウリ、白菜、こんぶの漬物もあっさりして和風カレー丼に

合ってました。最期の一口までカツとカレーとご飯のバランスが

取れて美味しい一杯でした。

 
2009年6月1日 up





今日は1000円前後で居酒屋メニューって事で来店です。

小腹が空いていたので「牛そぼろご飯」(200円 2009年漬物付きで250円)と

「豚なんこつ煮」(550円) とそれに合いそうな「ライムサワー」(350円)を注文。



一膳のご飯にショウガの効いた牛のそぼろが乗っています。

これが絶妙な味加減で美味しい!!!

これで200円なら2杯お代わりして充分一食になります。





豚のなんこつ煮 (550円)
2009年のメニューに記載なし

豚肉の厚い塊が数個入っています。

食べると豚の旨味が先に出て味付けは何か?!・・・っと

聞かれると一瞬躊躇してしまいますが味噌がベースです。

これがまた主張しないで豚肉の旨味を生かしています!!



赤身は箸で切れる軟らかさ。軟骨なんかは持つとトロリと

溶けて箸から滑り落ちます。シラガネギがまた絶妙に

マッチしています。酒のツマミには最高ですよぉ〜っ!!

2006年8月7日


長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷557−4

TEL 0956−85−8032

営業時間 11:30〜14:00 17:30〜22:00
(21:30オーダーストップ)

定休日 火曜日

駐車スペース 数台分

レポートアップ日 2005年12月5日
更新日 2009年6月1日



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO