2009年

東彼杵町

キリシタン墓碑



キリシタン墓碑は東彼杵町の「庄屋公園」の一角に有りました。


元禄十丑年正月十二日家屋を新築、瀬戸郷馬場より
庄屋を移す。

明治五年から同三二年十一月まで千綿学校を併設。

明治五年から区役所、蔵所、戸長役所などおく。

明治二二年四月町村静施行千綿村役場をおく。

昭和二七年二月二五〇年経た建物を解き同年十月
新築完成。

昭和三四年五月東彼杵町千綿支所

昭和五二年六月支所移転閉鎖。
 


参考までに庄屋公園にある碑文を書き止めて置きます。




道から門柱を入ると右手の奥にキリシタン墓碑はありました。




県指定有形文化財の東彼杵町のキリシタン墓碑です。
(昭和37年11月8日指定)











上の3枚の写真は少しでも文字が見える様にコントラストを

上げる加工をしています。







                               ジ ュ アン
向って左側の石碑は、花十字と「元和七年卯月 一瀬志ゅ阿ん」
                             
右側の石碑は、梵字と「寛永二十年」の銘が彫られている。

元和七年(一六二一)は三代藩主
大村純信のときで、キリシタン

弾圧が激しくなろうとする時代であった。

キリシタン墓碑は徹底的に破壊されたため、旧大村藩内に現存

するこの手の墓碑は少ない。

この墓碑は、個人の屋敷内(瀬戸郷・一瀬修平宅)にあったもので、

平成一二年に所有者から町に墓碑が寄贈され、現在地に移設した。

県内に残る百余基の多くは無紋無名で、花十字・年号・氏名を

有する墓碑は少なく、キリシタン資料として重要な価値がある。

東彼杵町教育委員会 


墓碑の横にある案内板にはこう記してありました。



長崎県東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷1192付近、庄屋公園内
川棚警察署 瀬戸警察官駐在所横、駐車スペースは奥に有ります)




サイト内関連レポート

原マルチノ

千々石ミゲルとおもわれる墓石

天正遺欧少年使節顕彰之像

野々川郷キリシタン墓碑群

INRIの銘入り石製十字架

東彼杵町〜日本二十六聖人乗船場跡
川棚町〜キリシタン墓碑


大村藩とキリシタン史跡巡り

横瀬浦と南蛮船と宣教師


2009年11月 更新

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO