2009年

波佐見町

鹿山神社秋例祭 奉納相撲



明治三年(一八七〇年)より始まり、今年で140年となる

鹿山神社の奉納相撲です。土俵開きの神事が行われます。



まずは鹿山雷神太鼓の演奏。

秋例祭に花を添えます。



子供相撲が始まります!

小学校1年生から割り相撲ですが、流石に

上級生になるほど慣れてまして力が入ります。



「ものいい」が付くと場内も盛り上がります!



相手を2回、3回と振り回す大技も出たりで

お昼まで賑わいます。



午後からは郷内一般力士の割り相撲です。

流石に迫力がありますw

この後子供の団体戦があってから



子供土俵入りがあり、子供の健やかな成長を

願って勝ち名乗りを受けます。



相撲甚句、宿連合班対抗試合、大5番相撲と続き

力士達にやんややんやの声援が飛び交います。



三役相撲、三役揃い踏み。



最後の相撲がとられます!

力が入る入る!!



今年も無事奉納相撲も終わり手打ち式後

次の〆元による撤去作業が行われて

力士達の慰労会へと足を運ぶのでした(w



2010年土俵準備

2010年レポート

2009年レポート

2008年レポート

2007年レポート

2009年9月24日 up

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO