鹿島市

旭ヶ岡公園 



花見の下見に訪れました。 鹿島市でも桜の名所の一つです。



イベント期間中は屋台も沢山出ています。
土日は交通規制されるようで近くの小学校が臨時駐車場に
なるとのことでした。まだ5分咲き位でしたが花見を楽しんでる
グループがあちらこちらにいました。
(花見情報はYAHOOの
コチラからどうぞ!)

ざっと見た感じ城壁跡や堀は残ってるようでしたが
赤門、大手門以外は1874年の佐賀の乱で殆ど焼失したそうです。

花見の名所となる旭ヶ岡公園は鹿島城址の一角にあります。

文久2年(1862年)に13代藩主鍋島直彬が松蔭神社の境内の
一角に多くの桜を植えて「衆楽園」と名づけ、人々を慰めるために
観桜の宴を開いたことを起りとしてるそうです。
大正3年(1914年)には九州ではじめて夜桜に電飾の設備が
なされて一躍有名になったそうです。



松蔭神社の鳥居です。 150mは直線であるようです。



桜が先揃えば見事な花道になりそうですね。



松蔭神社は鹿島藩主を代々祀る神社だそうです。
傍らには稲荷神社も祀られてました。



堀と旭ヶ岡公園

反対側を見ると何やら武家屋敷跡のようなものが見えますので行ってみました。



ビンゴでした。

城を囲うように武家屋敷が並んでたんでしょうね。
戦国時代以降の城の形を成してますね。
なにも下調べ無しに行ったので、儲けた気分というか楽しい一時を
過ごせました。



こうやって歴史を感じる事やってて初めて若い
「史女」らしき方をお見受けしました。




赤門です。 赤色には昭和に入ってから塗られたそうです。
現在は鹿島高校の正門ですがかつては鹿島城本丸の正門です。



文化5年(1808年)に建立されたそうなので200年以上前の話です。



切妻造り桟瓦葺き「薬医門」という形式だそうです。



コレは番所だそうです。



滅茶苦茶急ぎ足で回ってますので明治維新の長崎や佐賀の
志士達の話を書く時に触れる事があるかとも思いますので
その時にもう少し深く触れられればと思います 
(自信なし) 






折角ですので小回りの効くバイクで来たので大手門を見に行きました。
赤門と大手門の間に桜のトンネルがあるそうです。



切妻造り本瓦葺き「高麗門」という形式の門だそうで
控柱の上にも小屋根があります。



門の内側の手前の柱の上に小屋根があります。


いつの間にやら花見の下見よりも旭ヶ岡公園・鹿島城址の散策に
なってしまいました〜 (汗)


2011年4月2日 


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO