2013年
北松浦郡佐々町

皿山公園〜古川岳展望所 



佐々の市街地を抜けて平戸方面に204号線を道沿いに大きな看板が
出ていますので分かりやすいと思います。

手前の駐車場には佐々皿山直売所があり写真奥に菖蒲園があります。



見頃は6月上旬ですので今はチラホラしか花は咲いていませんでしたが
約2万本の菖蒲の花が咲き乱れる頃は大変美しく迫力があります。
夜はライトアップもされるようで、近くの小川ではホタルも飛ぶようです。



菖蒲園から200mほど奥には休憩棟もある遊具広場があります。



ここは日陰も多くて日差しの強い季節に子供を遊ばせるのには
もってこいの公園だと思います。



草スキー場、傾斜が緩く天然の草なので滑りが悪いかも?
滑るボードも休憩棟にあるようでした。



黄色い遊具はローラーすべり台です。50mは長さありそうな感じで
子供達が喜びそうですね。



左手側に登って行くとなにやら見えて来ました。



野外ステージですね。

写真の正面方向に突っ切ると下へ降りる道があります。



長崎県指定史跡「市の瀬窯跡」の看板がありました。
写真は私の地元波佐見町の畑の原窯跡 の物が使われていますw



窯跡は建物の中に保管されていました。
ドアは締め切られており窓から覗いても暗く、ガラスが風景を
映し込んでよく見ることができませんでした。



もう一つの説明板です。

瀬戸焼の磁祖「加藤民吉」がここで磁器の製法を学んで瀬戸焼を
復興させました。天草で蹴りロクロを学び佐々で釉薬の調合など
学んでその技術を瀬戸に持ち帰ったのです。
市の瀬窯跡も三川内出身の陶工が開いたものでその三川内と
有田にも出向いたようですが流石に技術を盗ませてはくれなかった
そうです。(当時の事を考えたら当たり前か)



続く  


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO