波佐見町 金屋郷

猿岩


(金屋神社参道横の駐車場から見た猿岩)


猿岩(金屋郷)・鉈岩(鬼木郷)の奇岩


波佐見町の南の山々は、虚空蔵火山の裾野にあたります。

この火山は陶石・金鉱石・オパールの恵みを与え、猿岩
・鉈岩などの奇岩景勝ともなりました。

噴火による山体ができた後、何万年もの長い間に雨水に
削られ、永尾、中尾、鬼木、金屋、川内などの谷ができました。
運ばれた土は波佐見田原となり、堅い岩だけが残って、
波佐見の峰にそびえています。
 


はさみ100選ガイドブックより



この前、金屋神社 を訪れた時に猿岩を回る遊歩道があると知り
一度行ってみようと考えていたのですが、今日は子供達も暇そう
なので、気軽に引き連れて行きました。(これが後後悔する事に)




金屋神社の参道の横にあるコンクリートで舗装した急坂を
登り始めます。野いちごが綺麗な赤色で向えてくれているよう
です。子供達は50mも進まないうちに「キツイ〜」と・・・

小学生が何を言っとるか!!

などと余裕かましてましたが・・・・・・・



コンクリートの舗装が途切れた場所から僅かにてっぺんが見える

猿岩・・・・道・・・道はどこ??!!



右手の藪に、それらしき・・・って、他に何もないし(汗)

ジーンズにTシャツ姿・・・草を踏んで子供達の道を作りながら
進みます。 途中デカイ百足と遭遇・・・



なんとなく、道が確認できますが結構急かも。



これくらいならマシな方です。



ハランかなぁ〜っと思ったけどハランの花じゃないね
(全然違うって!)・・・なんて花だろ?!
(ハナミョウガです)

そうだ、川内郷のハラン見にいかないとね〜
(ハァ・・ハァ・・・)息切れ



目の前に聳えるのが猿岩です。

ここまで来ると最期はロープに摑まって滑り易い急斜面を
登って行きます!! き・・・きついなぁ〜



猿岩の真ん中に開いてる穴が見えます。
  
子供の頃聞いた話ではこの穴に猿が住んでいたとか・・・


しかし、これより先はハゼの木が行く道を覆いかぶさり
かぶれる事必至だったのでやむなく撤退です。


帰り道は、私の太ももの前の筋肉が張って辛い・・・
下りがキツイのは知ってますが、いやはや・・・

流石は子供達ときたら元気です。

親子4人汗だくで駐車場に戻りましたが、子供達も
それなりに楽しんだようでした。


秋以降に再チャレンジだな(笑)


地図


2009年5月23日 up
2011年1月 更新

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO