波佐見町鬼木郷

清流橋



災害復旧工事に伴い、鬼木のグランドに移設されたものです。










大正末期、大鬼木川下流(元鬼木公民館前)に

田中久太郎氏により築かれていたこの石橋は、

幾度大水害にも耐えたが、一九九〇年(平成二年)

七月二日発生の大水害による河川の災害復旧工事

に伴い解体を余儀なくされ、保存する事となり、

一九九二年(平成四年)一二月、久太郎氏の孫、

福島正美氏の手で復元される。欄干、階段部分は

昭和一二年久太郎氏の長男、要次郎氏により築か

れた湯無田橋の一部であり、鬼木の清流の里の

イメージ化「清流橋」と命名、第十代波佐見町長

松尾常盤氏の直筆を福島正美氏が彫刻したものである。


平成四年一二月七日  鬼木郷

清流橋隣の陶板にある説明文を転記
 


地図


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO